10月のカレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近のコメント

カテゴリ一覧

chesscommandsの日記

全員に公開(未登録会員含む)

2018年
10月03日
20:17

ガールズ&パンツァー 総集編

どのような道でも究めたい。
少女達と一緒にパンツ道を進みたいが、独身の私は今日も元気に戦車に乗ってガールズを追いかけるべく、映画館まで移動する。

URL:http://girls-und-panzer-finale.jp
Twitter:https://twitter.com/garupan
副題:第63回戦車道全国高校生大会 総集編


今日も元気に、少女達はパンツァーフォー。
映画館までバス移動のため、待ち時間が発生する。
その時間にカフェで珈琲を購入し、そして飲む前に時間が来てバス移動を始める。
毎回学習しないが、今回は紙コップに入れてもらったため、持ち歩くことができる。
どれほどバスが揺れようが、珈琲はこぼさない。
これぞ映画道だ。

この"~道"というのは、華道や茶道などの道であり、悪道や極道を表すのではない。
そのため、少女達が戦車道を極めようとするのは、大和撫子を目指すことと道義であり、華道や茶道と同列の由緒正しき伝統文化の一つであり、武道の一つでもある。
そのため、女子のたしなみとして戦車道に人生を捧げるのは当たり前だ。
そして、少女達が空想するのは、男子にモテること。
戦車道を極めさえすれば男子にモテモテになること間違いなし。
いまは猫も杓子も戦車道にこぞって人が集まる時代だ。

ちなみに、"パンツァー"とはドイツ語で鎧や装甲を意味する。
それが転じて戦車をも表すようになったようだ。

フォーとはゴルフでボールが当たりそうなときに叫ぶ言葉ではない。
それは、ファー
フィー
フゥー

パンツァーフォーとは、"戦車前進"を意味する。
その説明をわざわざ劇中で行っている。
その意味を理解できないキャラとして"パンツァーあほぉー"と復唱して、正しい意味に修正していたが、視聴者への説明だろうことが分かる。
わかりやすく話を進めるには、いろいろ工夫が凝らされている。

もっと言えば、今回は総集編なので、過去に"ガールズ&パンツァー"を見たことなければ、理解できないだろう。
話の流れはつかめるかもしれないが、面白いと思わないはず。
復習用に作られたと判断すべき内容だった。
ゆえに、全く面白くない。

最初に戦車道を始めるきっかけは、会長が戦車道経験者の転入生を誘い、興味を持っている人も誘い、とにかく人数合わせに人をかき集めるところから始まる。
かなり強引な始まり方をした。
そして、これまた学園と名を撃っているのに、撃ち損じたごとく生徒に指導をせずに訓練実習に放り込んで終わる。
教師としてあるまじき行為は、実際の私立学校と変わりない・・・あぁフォースの導きでバカ学校の出来事がフラッシュバックする。
そのときの実習で、生徒達は戦車の振動に堪えたのか、クッションを持ち込むようになった。
実際シャコタンにしている車に長時間乗車していれば、車の振動で腸に障害が発生するようだし、戦車も同じなのだろう。
そもそも実習前に、緊急で戦車道が結成されたため、急いでその辺に落ちている戦車を拾い集め、修理し、動けるようにした急場しのぎの戦車達だった。
それでも実習に間に合うように整備したのだから驚く技術力だと思う。
さすが総集編の編集力で短い時間に切り詰めたといえよう。
技術力はあって損なし。
(私は何を言っている!?)
そして、そんな振動の中でも紅茶を飲むチームは存在する。
そのリーダは言う。
  どれほど戦車が揺れようが、紅茶はこぼさない。
と・・・しかし、その対戦は実習後の話だ。
今はまだ、素人だ。
しかし、戦車の動かし方を知らないずぶの素人の癖して、イグニッションでエンジンを吹かし、アクセルやブレーキなども口頭で一言添えるだけの簡単な説明を理解し、完全に動かせる技術力を持っている。
私はイグニッションなんて、どこにあるのかどうすればいいのか、そもそもそれが何か全く分からないのに、少女達はすべてを理解している。
さすが大和撫子であり、日本を引っ張る少女達だと思う。我々おじさんも少女を見習わなければなるまいと痛感したよ。
そして、"礼に始まり礼に終わる"戦車道ではあるが、かなりやっつけ的に流れ作業として礼をする。
意味あったのか!?
さらに驚くのは、普通に住民がいる市街地を戦地にすること。
センチメンタルになっているのではない、普通にダメだと思うからだ。
しかし、その考え自体が戦車道に反している。
住民も一致団結して大和撫子を育てるために協力しなければならない。
それを考えれば、戦車が店にぶつかって崩壊すれば、店を改築できる喜びに繋がることになり、悲観なんて一切無縁だ。
周りの店の人たちはそれをうらやましがり、自分の店もぶつけてくれれば改装できたと嘆くのが戦車道を極める人への礼儀なのだろう。
礼に始まり礼に終わる。
実践時も礼を尽くして対応するのが戦車道だ。
学校同士の対戦では、騎士道を忘れず、相手のレベルに合わせることも戦車道のたしなみなのだろう。
世界各国の文化をにおわす個性豊かな各学校の装飾は女子校を思わせる感じだ。
たとえば、『ザ・ドラえもんズ』に似た感じかな(全く関係ない)。

そもそも全体的な話の流れは、過去の出来事を回想する感じで、ナレーションが話を進めていく。
そのため、今回は総編集の名に恥じない出来映えともいえる。逆に言えば、細かい話を理解していなければおもしろさは分からない。

ところで、いつも話がずれてしまう。
今から映画についての前置きをする。
ガールズ&パンツァー通称ガルパンと言えば、少女達が武道として戦車道を極め、大和撫子として認められるためにも戦車道を極め、学業を勤め上げたと認められるためにも戦車道を極めることは説明しなくても分かっていただけることだと思う。
ゆえに、詳しい説明を省いて感想を述べる。

以下ネタバレ。
パンツァーフォー




















ガルパンはいいぞぉ。























ちなみに、"キーボー道"とは、アメリカ生まれの言葉らしく、正式名を"Keeb-dou"と言う。
このキーボー道とは、キーボードを極めようとする人が沼の深みに向かって突き進むことを表す。
私は挫折しかかっているが、他に趣味がないため踏ん張って極める道に戻ろうとしている。
少女達のパンツァーフォー

そして、気になるのは、去年もそうだが、なぜか一律料金になっていること。
何かあるのかな。
古いからか!?
少女達のパンツァーフォー

それにしても少女しか出てこない。
男や老婆や女性達は脇役のような感じでちょろっと出てくる感じ。
そして、少女達のスカートはかなり短いがパンツは見えない。
少女達のパンツウフォー

以上。
ごり押しでとんとん拍子に進み、今回も面白くなかったが、ガルパンいいぞぉ。
  • 鑑賞

いいね!

週記」は、「SNS作成サービス!そーしゃるぱーく(無料)」で作成された、PC(パソコン)・FP(フィーチャーフォン※ガラケー)・SP(スマートフォン)・TB(タブレット)対応のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
広告等のお問い合わせは「各種お問い合わせ」までお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そーしゃるぱーくは、数か月後に大幅リニューアルを行います。その作業過程により何かしらの不具合等が発生する場合がございます。ご了承ください。※不具合を発見された場合はお手数ですが、お問い合わせ(無料版)からご報告いただければ幸いです。