chesscommandsの日記

全員に公開(未登録会員含む)

2019年
04月18日
23:36

映画感想『ハンターキラー』

ニートの私は世間体を気にして余計に引きこもる。
しかし、彼女が欲しい。何より、世の中を救いたい気持ちは人一倍強い。
誰よりも負けないニートになる決心が一層高まる。
誰にもできないことをなし得ることに前向きなので、さらに部屋の隅にうずくまる行動は促進されるかもしれないが、飛躍して部屋ではなく、地中に潜るかもしれない。
海軍ならず、ニート軍を率いる地中に潜航して映画館まで移動する。

タイトル:ハンターキラー 潜航せよ
  https://gaga.ne.jp/hunterkiller/


数年前に、『バトルシップ』を見た時、面白いと思った。
それは、海上戦闘だった。
しかも、宇宙人と言うか、宇宙船との戦闘だ。

今回は、海中のしかも地球人どおしなのだから深い海の中の浅い戦いになりそうだと思ったぞ。



















以下、浅い感想。





















その前に、愚痴。
数万円のキーキャップを注文したが、使いそうにない。
むしろ、早々にタンスに仕舞い込んでしまった。
これ、売れないかな。
未開封品だ。
キーボードにこだわっていたが、最近は、キーキャップにも手を出すようになった。
キーキャップだけでも一財産あるのだが、他の人から見たらゴミに見えることだろう。
あぁキーキャップ沼に潜り込むことになろうとは。。。





















今回は、大統領だか誰かが誘拐されたため、奪還作戦として、隠密行動に適した潜水艦で密航するところから話が始まる。
潜ると言うか、すでに潜っているという生活だ。
沼にハマるより快適だろうか?
私は部屋の隅にうずくまって時間がすぎるのを待つのが幸せなので、密閉された空間でも苦にならないと思っている。
関東時代はくっそ狭い家に何年間も住んでいたぐらいだから問題無い。
彼女を招く必要があれば大きな家のほうが良かったが、一度もなかったな。

という事で、誘拐犯(クーデター)に気づかれず、近づく。
むしろ、潜水艦独特の雰囲気を映画館で味わいたい。

潜水艦で有名なのは、かわぐちかいじの"沈黙の艦隊"だよね。
好きな漫画の一つだ。

それを期待して鑑賞した。





















とりあえず、上映中は退屈なので、小説を持ち込むことをおすすめする。
しかし、館内は暗く、当然室内灯を焚くわけにいかず、音も出すわけにもいかない。
そのため、近くのカフェで読むことをお薦めする。

もちろん読む本は一択だ。
その題名は「沈黙の艦隊」に決まっている。今回の映画より、緊迫感が伝わってくる完成度だ。

監督は、映画好きなのだろう。
随所に、他の映画のいいとこ取りが見受けられる。
それらを組み合わせたのが今回の映画で、組み合わせた結果、何も得るものがない状態になっている。
監督としてはご満悦の出来栄えだと思われるが、きっと次はもっと良くしようと意気込んでいる風景が思い浮かぶ。

全体的に、世間のことを何も知らなずに勉強しないまま撮影をしているように思えた。
高高度降下やパラシュート降下などは自身で試したことがないだろうことが分かる。
機雷なども事も調べもせず、想像ででっち上げた仕組みで起爆するような条件だった。
潜水艦航行で一番重要な水圧のことすらも理解せずに撮影を強行した感が伝わってきた。
そもそも艦内の会話が空母で聞こえるというのはどういうこと!?
潜水艦のことすら監督は興味ないのかな。
機雷を通るときに、物音立てないようにするというのもよく分からないし・・・。

何より、撮影に必要なカメラワークすらも孫を追いかけながらの初カメラ撮影にしかみえない感じだった。
乗り物も低学年が乗る遊園地の遊具で遊んでいる感じだった。
潜水艦なのに、音で判断するのではなく、映像で判断している感じだったし・・・。映画の撮影技術が全くないというのも手に取るように分かる。まさに、映画館を潜航せよ。
ハンターキラーならず、タイムキラー・・・時間を返してくれ。

演技が下手くそなのは仕方ないにして、特殊部隊の演技も驚くばかりだ。
血糊で負傷した怪我を隠さないというのは完全に失笑もんだ。

軍隊のことや政治のこともよく分かっていない感じだった。

全てを闇雲に初めて、気づいたら撮影が終わって完成していたような出来栄えだった。
合成すらも隠す気がないから見ている我々は、どこに注目すればいいのかわからず、拷問の鑑賞だった。
艦長のしてやったり感は完全な自己満足で、眼の前でこんなことされたら殴ってやりやいほどだ。
艦長失格になるほどの運任せという。。。
それはいいとして、魚雷の挙動や爆破なども全く現実無視の動き(爆破)をするから面白い。

たまにはこんな映画鑑賞も悪くない。そう思わなければ、連続鑑賞記録は更新できないからな^^

以上。
  • 鑑賞

いいね!

週記」は、「SNS作成サービス!そーしゃるぱーく(無料)」で作成された、PC(パソコン)・FP(フィーチャーフォン※ガラケー)・SP(スマートフォン)・TB(タブレット)対応のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
広告等のお問い合わせは「各種お問い合わせ」までお願い致します。