chesscommandsの日記

全員に公開(未登録会員含む)

2020年
10月02日
13:19

映画鑑賞感想『アダムスファミリー』

無職になって実家に巣食っている。
誰か私を救ってくれ。
父は何も説明していないのに、"あれは何だ"と問うてくる。
母は相も変わらず私を人格否定してやる気を削ぐ。
そんなモンスター一家からはダークな笑いを誘わずに暗い未来ばかりが見え隠れする。
陽気な一家を探しに映画館まで移動する。

タイトル:アダムス・ファミリー(吹き替え)
https://addams-movie.com/


今回は、ダークな笑いを誘うモンスター一家のアニメ映画を鑑賞した。
小学生時代に実写版で見たのが最初で、それ以降は漫画を見ずにいまに至った。
そもそもアメリカンコミック(?)が日本に輸入しているとは思えず、その実写版だけが手に入る状態だったろう。
今回は、懐かしさもあり、何より映画デーということもあり、鑑賞した。
如何せん。
吹き替え版しか上映していないというのが・・・これだから田舎は嫌なんだよ。

あぁ早く人間になりたぁ〜い。
『妖怪人間ベム』もいまいま実写版で上映しているので鑑賞したいが、連続鑑賞は避けたいため、DVDが出るまで待とう。
残念だが、就職活動そこそこに、部屋にこもってゲームすることに全力を尽くしたい。
1年以上掛けて就職活動して得た職場なのに、1年もせずに辞めるという・・・。
こんなことをしていたら病めるよ。

ということで、感想そこそこに抑え、残りはゲームに時間を費やすことにする。
あぁニートも辛いよ。

Kindle本を30万円近く使うことになってしまったこともあり、読書にも注力する必要がある。
金遣いが荒いと言うか何と言うか。。。


電子本に投資するぐらいであれば、株に投資したい。
しかし、東証は取引停止しているようだ。
確かに、『ゴジラ』ではTOC有明ビルが破壊されたとか何とかだった。
開発現場が破壊されたから、なんだって話だが・・・。
19階に共連れ入館した時代が懐かしい。
用事があることを伝えても仕事だからという一言で休出させられ、強制共連れ入館させられ、強制深夜残業を押し付けられ、結局東証が契約金を出し渋って2ヶ月間でクビを切られた。
いまは私が関わったシステムを全く別のシステムに入れ替えているそうだが、取引情報をメインメモリに貯える運用は変えてないのだろうか。
おっかなびっくり運用だが、それでいままで問題なかったのだから問題ない。

そんなことより、全くの別業種に就職したいが、めんどくさい。
親が死ぬまでニートでいたい。
ものすごく痛い考えだが、仕方ない。
誰かが拾ってくれればいいのだが、みかん箱に入れられ、電柱付近に捨てられれば踏ん切りもつけようが、なかなかそうもいかないのが現実だ。

ということで、まずは軽く概要を述べる。

私が昔見た時は、家族に赤ちゃんができたときの話だった。
今回は、結婚のときから話が始まる。
松明を持って住処を攻められるのだが、13年後には松明が携帯電話の画面に映し出されて攻めいる進化に舌を巻く。
しかも、数百年続いた剣舞を息子が引き継ぐ話でもあるのだが、その剣捌きがあまりにも下手くそで、次期当主(?)には認められない有様だった。
しかし、ここでも時代の変化らしく、剣捌きはからっきしだが、爆弾捌きは右に出るものがいないほどの技術力を持っている。
当主の使命として、家族を守る義務があり、その爆弾使いを駆使して敵を追い払うことに成功し、見事一族に認められることになった。

めでたしめでたし。

ということで、国民の義務である国勢調査に取り組もうと思う。
納税するのも義務であるはずなので、働くためにも映画を見ている暇があるならば就職活動に精を出し、働いて稼ぐんじゃないかな。
技術力は磨こう。
私も世界に認められる爆弾魔になりたい。

いずれ頑張るぞぉ。
以上。


ちなみに、来年は次作上映決定だそうだ。
次作を成功させるために、今作を盛り上げない作りにしたんだと思えば、次作が楽しみになる。
ワクワクドキドキだよ。

ポール牧顔負けの指を鳴らしながらのGBMは懐かしい。
このBGM欲しい。

いいね!

週記」は、「SNS作成サービス!そーしゃるぱーく(無料)」で作成された、PC(パソコン)・FP(フィーチャーフォン※ガラケー)・SP(スマートフォン)・TB(タブレット)対応のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
広告等のお問い合わせは「各種お問い合わせ」までお願い致します。